NEWS

ハンドル刺繍ミシンは通常手ハンドルとよばれ、約140年前の明治時代から存在したミシンになります。機械を手足の様に使えてこそ表現できる、まさに職人わざが必要な刺繍ミシンです。現代あるコンピューター刺繍ミシンと違い、技術の必要なハンドル操作によって刺繍をしてゆくので、1点1点風合いや表情が少し変わり、自然な歪みがアナログ作業のアジになります。おもにはスタジャンのワッペンによく見ることのある、パイルのモサモサした刺繍が さがら刺繍 と呼ばれています。同じミシンで針と設定を切り替える事で表現出来る チェーン刺繍 はミシン台の下に付くハンドルで、針を自在に操り絵を描くようにステッチを刻むことができ...
続きを読む
RIDINGHIGHの展開しているHOLIDAYS COMFORT(快適な衣料を身につけてライフスタイルを充実させたい、がコンセプト)ブランドで毎シーズン展開している春夏商品の定番素材。甘撚りでソフトなタッチでふっくらとしているのが特徴な裏毛(ローゲージインレイ)です。軽量である事で着用感やストレスを軽減された商品シリーズ。ルームウエアーとしても、散歩などに着るワンマイルウエアーとしても、リゾートでのデイリーユースなど、シーンにあわせてセットアップで着用できる便利アイテムです。グラフィックはそのシーズンテーマにあわせ表現しています。      
続きを読む
Tシャツとのコーディネートで、おしゃれに着用出来るをコンセプトに作られた、BULLDOG LABELのマルチコーディネートが可能なセットアップユニットです。サンダルやスニーカーのスタイルでもちょっと羽織るだけで、お洒落感のますアイテム群であることは、間違いなしです。 カラーはブルーとブラックの2色展開、細い糸できれいに織っている生地なので、上品で光沢感のあるアイテムに仕上がっています。                
続きを読む
HOLIDAYS COMFORT(快適な衣料を身につけてライフスタイルを充実させたい、がコンセプト)ブランドにて每シーズン展開しているジャガード裏毛。生地の表面の柄が多少の立体感が出るように工夫した、軽量でふっくら感のあるスウェット素材です。この素材を作るために和歌山県に1台にしかない改造された特殊な機械にて編み立てられた大変貴重な素材になります。柄は每シーズンのテーマにあった内容をジャガードで柄を組み表現しています。今シーズンは(ハワイでバカンスを過ごす)をコンセプトにモンステラ柄をアイスブルーの色で表現しました。       セットアップで着用できる事で、色々な場面などでの着用...
続きを読む
デザイナーのウスキです。 今回はRIDINGHIGHの15年以上前より継続している、変わらない定番素材の吊り裏毛について、少し書いてみたいと思います。  ここ数年ではよく聞く素材の名前になっている吊り裏毛。品質の高いスウェット生地を編むために選んだ編み機は大正時代から使用されている、吊り編み機と呼ばれる編み物の機械です。もともとは高級な肌着を作るために使用していた編み機ですが、すでに生産は中止されており、現在日本には約200台しか現存していません。    1日約12時間かけてゆっくりと丁寧にスウェットシャツの素材を編み上げます。その長さはたったの10メートルほど。その速さは一般の高速編...
続きを読む